駐車場の耐用年数

駐車場 耐用年数
目次

駐車場に砂利やアスファルトなどを敷いた場合

駐車場に砂利やアスファルトなどを敷いた場合の費用は構築物に該当します。

ただし中小企業者等がその支出した金額が30万円未満である場合で一定の要件に該当する場合には、その取得価格を損金の額に算入することができます。

また取得価額が10万円以上20万円未満の減価償却資産については、減価償却をしないで使用した年から3年間にわたって、その年に一括償却資産に計上した資産の取得価額の合計額の3分の1を必要経費に計上していくことができます。

青空駐車場の耐用年数

駐車場にアスファルトや砂利を敷いた場合には、土地の取得価格にならずに減価償却資産の耐用年数に関する省令で「舗装道路及び舗装路面」について以下のように耐用年数が定められています。

  • コンクリート敷、ブロック敷、れんが敷又は石敷のもの…15年
  • アスファルト敷又は木れんが敷のもの…10年
  • ビチューマルス敷のもの…3年

なお「ビチューマルス敷」とは、道路又は地面を舗装する場合に基礎工事を全く行わないで、砕石とアスファルト乳剤類とを材料としてこれを地面に直接舗装したものをいいます。

立体駐車場の耐用年数

  • プレハブ自走式駐車場(構築物/金属造/露天式立体駐車場)…15年
  • 自走式立体駐車場(鉄骨造)…31年
  • 自走式立体駐車場(RC造)…38年
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次